ADHDは車の免許は取得できる?



ADHDでも車の免許を取ることは可能ですが、普通の人よりも、時間が掛かります。ただ人によっては、運転に向いていない場合もあります。注意力が散漫な方は、運転でもそれが出てしまうので、車の運転をする場合は余程注意するか、車は乗らない様にするか、究極の選択を迫られます。


車の運転は常時緊張と集中力を要求されるので、その注意力が自分の意識で「コントロール出来ない」のなら、車の運転手として資質が欠落してる証拠でもあるので車の免許取得は断念した方が良いでしょう。

普段の生活んの中で、どれだけ注意力が足りないかで運転できる適性があるかどうかが変わります。



ただ運転できないとなると日常生活では買い物に出かけたりする時に不便を感じますし、結婚であれば妻や子供と旅行に行くこともできません、会社であれば通勤に使う事ができないので、電車が自転車などで移動しなければなりません。

都心であれば電車があるので何とかなりますが、田舎であれば車は必須ですので、車が運転できるかどうかは真剣に見極める決断が迫られます。


ADHDには運転中には話しかけない



ADHDは運転中に話しかけられるとスピードが極端に遅くなってしまい後続車からクラクションを鳴らされたり、追い越される事が多々あります。

ADHDは、同時進行で二つの事を両立して行う事が出来ない特徴がありますので、運転中に会話をするというのは運転に集中することができなくなり、スピードが落ちます。

ADHDの人が運転している時には話しかけないで運転1点に集中させてあげる事が大切です。


ADHDが車の運転で注意することは?



ADHDは、集中力が切れそうな(集中力の欠如)があり、瞬時の状況判断や咄嗟の対応が苦手です。その為、渋滞などで車をブレーキで止めていなければならない場面ではフットブレーキを踏んだままボーっとしているうに、足を緩めて車が走り出してしまう恐れがあります。

渋滞中に停止している時は非常に注意しなければなりません。

[ad#co-1]

また、瞬時の状況判断が苦手ですので複雑な交差点に出くわした時は、うっかり一方通行の出口から入ってしまったりしてしまう恐れがあります。これは何をすればいいかを判断するのが、人よりも遅い傾向にあるので、瞬時の判断ができず間違ってしまう場合があります。


その他には、赤信号の下に直進や左折右折などの矢印が出ていても、気付かないで停止していて後ろの車からクラクションを鳴らされて慌ててしまう事もあります。


ADHDは車の運転を仕事にできない?



ADHDは車の運転を仕事にしようとすればできますが、細かいことに注意を払えない、注意を持続できない、周囲の刺激に気が散る特徴がありますので車の運転は向いていないと言えますので、仕事では選ばない方が良いでしょう。

ADHDの人は「不注意運転」「スピードの出しすぎ」「標識や信号の見落とし」などをしてしまう可能性があるので職業としては相応しくありません。


ADHDの車の運転の特徴は?



ADHDは車庫入れが極端に苦手で何回も切り返していて車庫入れするので、凄く遅いです。少ない切り返しで車庫入れができません。混んでいるショッピングセンターの駐車場では、車を駐車するのに時間が掛かってしまい、後続車を待たせることもあります。

また狭い立体駐車場などでの駐車は非常に苦手としており、パニックになってしまう場合もあります。狭いところや混雑している駐車場では車を止めない様にするしかありません。

ADHDは、同時に複数の事を頭の中で整理できないので、車の中では音楽やラジオなどはつけない様にしましょう。カーナビについても集中が途切れるようであれば、つけないのが無難です。