ADHDの原因は生まれつき?


ADHDの原因は、脳の伝達機能の障害です。adhdは先天性のものであり、後天的に環境で引き起こされた障害ではありません。現代の医学ではadhdの症状を引き起こす明確な原因は、研究途上であり解明されていません。

脳の前頭前野の働きに問題があり前頭前野の役割は、脳の司令塔とも言われます。記憶、認知、判断力、行動力、集中力、感情のコントロールを行います。

その前頭前野の働きに問題があるので、「忘れ物をする」「注意力がない」「我慢できない」「その時に相応しくない行動」などの症状が目立って現れます。



ADHDは抑制や自制に関する脳の神経回路が発達の段階で損なわれ、情報伝達物質が不足してることが原因と考えられています。不要な情報を排除する機能が低いために、嫌な考えが取れない、すぐ散らかしてしまう、仕事が完結しないなどという症状につながるのだそうです。


子供のADHDは完治できない?


ADHDは先天性の脳の病気であり、、脳の前頭葉、間脳、小脳、海馬などの働きが関係しているとされているので完治はしない病気です。しかし、治療で緩和したり、適切な教育によって、より良い成長ができる可能性や生活を工夫することで、より生きやすくなる事はあります。

治療がうまくいけば、完治に近い形になることは十分可能ですので希望を持ちましょう。症状があったとしても、社会に出た時に困らない程度に軽減されていたり、ちゃんと対処をすることができていれば、障害であることを気にする必要がなくなってきます。


ADHDは完治することはないとはいえ、完治に近い状態にすることは可能なのです。

ADHDの子どもは発達に偏りがあるかもしれませんが、適切な支援や教育によって、長所を伸ばしていくことができます。国は「発達障害者支援法」をつくり積極的に支援していく取り組みをみせています。


子供のADHDは大人になると改善される?


子供の頃に多動などがあっても、大人になると多動はなくなり、問題がなくなってしまう事もあります。そういう意味では子供のADHDは、大人になって改善される面もあります。

子どもの頃は自分の感情のコントロールができないので、ADHDの症状である多動性や衝動性の強さがそのまま表に出て、周囲に迷惑をかけてしまいがちです。

しかし、学校の教師や親など周囲の大人が適切な対応をして、言動のコントロールを教えていくと、ADHDの症状は徐々に改善されていきます
。成人して大人になる頃には、少し注意力に欠けることはあっても、仕事には差し障りがない程までに緩和しているケースも珍しくありません。また日常生活にほとんど支障が出なくなります。

[ad#co-1]

・多動性


幼児期にはもっとも目立つ症状ではありましたが、大人になるとほとんど残りません。

・衝動性


大人になるにつれて感情のコントロールが身につき、衝動性があっても目立たなくなります。

・不注意


大人になっても残るが、メモをしたり習慣を工夫することで克服できます。


ADHDに療育は?


療育とは、医療と保育のことです。ADHDの特性を医学的に踏まえ、特性に合わせた支援をして、自立を促す働きかけをするのが、療育です。いわゆる治療ではありません。

ADHD、脳の特性です。療育を受ける目的は、ADHDの根治ではなく、特性に合わせた支援を受け、日常生活で出来ることを増やし、トラブルやパニックを出来るだけ少なくすることです。


早期の療育を受けることで、他の人との接し方や、困ったことがあった時の対応方法を知り、日常生活のトラブルを少なくすることができるとされています。

また、保護者も、療育を受けさせることで、子供にどう接したら良いかを、学ぶ機会が多くなります。