・会話が自分中心


人との会話の中で、自分が会話の中心でなくては気が済まないタイプです。
人が話しているのに、話を遮ってしまうこともあります。

自分中心に会話を進めていきたがるタイプで、
人の話をじっと我慢しながら聞くというのは苦手なタイプです。



・時間管理ができない



時間に対する厳しさがないため、遅刻する事が平気です。

待ち合わせをした時間から遅れてやってくることも多く見受けられます。



・名前を覚えられない


人の名前をなかなか覚えられません。

そのため、間違った名字で呼んでしまうこともあり、
相手に失礼を与えてしまうこともあります。



・じっと座っていることができない


じっと我慢して座っている事が苦痛と感じてしまい落ち着きがありません。
子供の頃は特に落ち着きがありません。

大人になると、多少は改善されるものの、完全に治ることはありません。
その為、講演会などで人の話を長時間聞くという事が難しいです。

途中で帰りたくなってしまいます。


・人付き合いが苦手



ADHDの女性は素直でさっぱりした性格です。

女性らしい親密なつながりを持つことができません。
そのため、女子同士の会話に楽しさを見出す事ができません。

人との関わりを無意味な時間だと認識しているので、
人付き合いはしない傾向にあり必然的にお友達は少ないです。

[ad#co-1]

・片付けができない


片付けができないので部屋は散らかっています。

部屋に物が散乱しているの、掃除もしにくい状況となり、
埃なども豆に掃除する事ができません。

机の上は整理整頓されておらず、何が何だか分からない様な状況になっています。


・怒りっぽい


ADHDの女性は怒りっぽいので、
ちょっとした些細な事でも、イライラしてしまいます。

人と関わりイライラすることが多い自分が嫌になることもあります。


・恋愛面



ADHDの女性は、自己評価が低いため、
ダメ男との恋愛が多い傾向にあります。

自分がダメな女と思い込む場合が多く、いくら長所や才能があっても、
そう思い込み、潜在意識下でダメ男なら私でも大丈夫だろうという
勝手な思い込みをしています。


事実上は可愛い、綺麗な容姿であっても、
それを肯定的にとらえる事ができない自分がいるのです。

周囲の評価は高くても自分でそれを素直に認める事ができません。
そのため、他者との見方に大いにズレが生じています。


・承認欲求



周囲の人たちに自分を認めてもらいたいという欲求が強いので、
自分に対する評価を気にしすぎる傾向があります。

自分が人からどう思われているか過度に気にし過ぎています。


・家事が苦手



掃除、洗濯、調理などの家事が苦手であり、
結婚をした場合は妻としての役割を上手くこなせないです。

1日のスケジュールの中で、時間内に物事を
こなしていくのが苦手で、不器用な人が多いのです。


家事の段取りや、やりくりに苦しむ場合が多くいます。

例えば、今日は晴れているから早めに洗濯物を干さなければならないとか、
もうすぐ旦那が帰ってくるから夕飯の準備をしなければならないとか、
前回の掃除から日にちが経過しているから今日はこの部屋を掃除しなければとか、

状況に応じて起点がきかなかったり、
時間を意識して行動に移すことが苦手だったりします。



その為、旦那との間に溝が出来てしまいます。
家庭内は益々と悪化する一方なのです。

結婚相手を選ぶのであれば、一緒に協力をしてくれる
男性を探すことです。

なんでもかんでも家の事は嫁がやって当たり前と認識
している様な男性を選ばなければ解決できます。


・衝動買いが多い。



買う気がなかったのに、たまたま入ったお店で、即お買い上げしてしまいます。

ちょっと立ち寄ってみたお店で、店員が寄ってきて、
その服お似合いですねと声をかけられると、つい買ってしまいます。


また服を選ぶにあたって計画性もないので、
今どんな服を持っているかの点も配慮しないで買ってしまいます。