ADHDは以下の有名人の様に天才な人が多いです。

・スティーブジョブズ
・イチロー
・モーツァルト
・アンシュタイン
・ビルゲイツ
・織田信長

・ガリレオ
・リンカーン
・坂本竜馬
・レオナルド・ダ・ヴィンチ
・トム・クルーズ
・山下清
・ケネディ大統領・クリントン大統領



ADHDの症状は裏を返せば長所?



ADHDの子供は落ち着きがない、多動、衝動的、身勝手でダメな点ばかりだと言ってしまえばそれまでですが、これを言い換えると、おっちょこちょい、人なつっこくて感激家、想像力にあふれていて多芸でいろいろな才能を持つとプラスに考える事ができます、これらの特徴を活かせば将来は芸術家、科学者、偉人になれる可能性は秘めているのです。


ADHDの3つの特徴は長所になります

注意欠如(不注意)⇒忘れっぽく気が散りやすい、集中力がつづかないこと。
多動性⇒ジッとしていられず落ち着きがないこと。
衝動性⇒思いついた行動に対して、行っても良いか考える前に実行してしまうこと


これら3つの特徴を裏返すとすべて長所になります

注意欠如(不注意)=集中力がない、ということは いろんな物事に触れるので ひらめき・創造性を育むことができます
多動性は、エネルギッシュ。
衝動性は、行動力がある。

特徴は、良い方向へ伸ばしていけば、必ずやプラスに転じていきます。


集中力がない → ひらめき、創造性がある



ADHDは、ひらめきや発想が豊かで、エネルギッシュで行動力があるので、何かを成し遂げる能力を持っています。その為、個人での仕事である自由業や、ものを作り出すような仕事に向いています。


多動 → エネルギッシュ、雄弁


とにかくエネルギッシュで、疲れ知らずなので、一日中動き回ることが出来る点は何をするにもプラスに転じます。何か1点に集中して突き進んで仕事に没頭できればビジネスで成功できる可能性があります。

また雄弁といった一面があり企画やプレゼンの分野で才能を発揮することができます。政治家になれば、日本でも外国でも雄弁で活躍することができます。

[ad#co-1]

衝動性 → 実行力、行動力がある


落ち着きがないというとマイナスにとらえがちですが、裏を返せば行動力があるとということでエネルギッシュである、ということが伺えます。

頭に浮かんだことをタイミングや状況を考えず口走ってしまうという衝動性がありますが、この特性は悪くとらえがちですが、良いアイディアをすぐに伝える意味でも良い方向にとらえることもできます。


ADHDの方が得意とされることに、素晴らしいひらめきをすることができる・独特の感性をもち、考えることができるというのがあるそうです。こんな時、頭に浮かんだひらめきを忘れないうちに直ぐ伝える・行動にうつすことが出来れば、即戦力となります。

ADHDの人は、良いアイデアを即座に実行に移すことができます。これは成功しているビジネスマンには、無くてはならない素質でしょう。意思決定の速さは重要です。


スポーツの世界で成功するADHDの人は、溢れんばかりの行動力を発揮して練習に取り組んで実力を上げていきます。

新しい発見を求めて積極的に行動するため、 さまざまな面白いものを見つける仕事や、自分の考えで突き進む行動力のあるリーダーに向いています。かつて新大陸や未開の地を切り開いた冒険家たちの中には、ADHDの傾向を持っていたと思われる人が少なくありません。


まとめ



「ひらめき」というのは不注意によって生まれるものです。衝動性はうまく利用すれば「実行力」につながります。多動はスポーツ、多弁はスピーチの場で才能として活きてきます。このようにプラスに考えることもできるのです。