ADHD子供の原因は、脳の機能障害であることが考えられます。ADHDを対象にした脳の研究の多くでは、脳の未熟さが示されています。年齢不相応の脳波が出てきたり、中枢神経系や小脳の発達が小さかったりします。

ADHDは、短期記憶や注意力、推論、判断、感情の抑制などをつかさどる前頭前野の部分が関係していると考えられていますが、はっきりした原因は、まだわかっていません。

また、脳内の神経伝達物質や遺伝が関与しているのではないかとも考えられ、研究が進められています。

ADHDの原因は脳以外の、親の愛情やしつけ、本人のやる気が原因とされていたこともありましたが、それは関係ありません。



ADHDは脳が未熟?


ADHDの人の脳では、注意力・行動の調節に関与している「尾状核」や、注意力・判断力・衝動の抑制などに関わる「前頭葉」と呼ばれる脳の一部が健康人に比べて小さいです。

子供のADHDの脳波は、実年齢より幼い波形を示し、脳の形成が未成熟で脳血流量は通常の人よりも血流量が少なく、活動が低下している脳の領域があります。


前頭前野の関連


実行機能は前頭前野である大脳の前側の部分で調節されています。ADHDの子供は、前頭前野を含む脳の働きに偏りがあります。前頭前野と呼ばれる部分での血流量が少ないのです。

この部分は、行動を判断したり、実行したりする動作を制御しています。ここがうまく機能していないため、行動が不安定になります。

前頭前野って何?



前頭前野は人格を形成する脳です。頭が良いと思われる人はこの前頭前野が発達している場合が多いです。脳の前部にある前頭前野は仕事だったり、人とのコミュニケーションに大きく関わりがある脳機能なのでこの脳機能が人生を決めしまうくらい重要な部分です。


神経伝達物質の関連


脳の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの働きがADHDの方では不足気味であるため、これらの神経伝達物質の機能が十分に発揮されないために、ADHDの症状である不注意や多動性があらわれる考えられています。

[ad#co-1]

通常、脳から出た神経伝達物質は、ひとつの神経細胞から次の神経細胞へ、そしてまた次の神経細胞へと次々に受け渡されていきます。それが繰り返されることで脳からの情報が全身へと伝わっていきます。

一つ一つの神経細胞はつながっておらず、受容体と呼ばれる入口に神経伝達物質が結びつくことによって、受け渡されていきます。受容体に結びつかなかった神経伝達物質は、トランスポーターに再吸収され、元の神経細胞に戻ります。このことを「再取り込み」と呼びます。

ADHDの場合は、神経伝達物質であるノルアドレナリンやドパミンに異常があり通常結びつくはずのノルアドレナリンやドパミンが上手く受容体に結びつかず、トランスポーターから過剰に再取り込みされてしまいます。そのために情報伝達が上手く出来ず、ADHDの症状が出ます。


神経伝達物質とは?



神経伝達物質とは、脳内で神経細胞が他の神経細胞へ情報を伝達するための物質の事です。神経伝達物質はホルモンとの違いが分かりにくい物質です。神経伝達物質もホルモンも「細胞間伝達物質」であり、似たような役割があるものの神経伝達物質はホルモンに比べて局所的(限定的)に作用します。


まとめ



神経伝達物質にはいくつかの種類があり、それぞれが異なる種類の情報を担当していますが、ADHDの人の脳は、その中でも学習能力や集中力などを担当しているドーパミンやノルアドレナリンという物質の働きが弱いです。

それらが弱いという事は学習しよう、集中しようと思っても、その情報が脳内でうまく伝わりません。その結果、学習能力や集中力が低下して、落ち着きのなさや注意力散漫などの症状が出てしまいます。