対人関係


・ADHD


人が話している間に、話を遮ることがあり人を怒らせてしまうことがあります。ただアスペルガーと違い、他人の気持ちを汲み取ることはできますので、空気が読めない様な発言はありません。

・アスペルガー症候群


相手の表情やしぐさなどから、相手の気持ちを察するということを苦手としています。その特性により他人とのコミュニケーションを難しくさせ、生きづらくさえ感じさせてしまう場合が少なくありません。

表情や視線、声の調子、身振りや手ぶりなどコミュニケーションに関する動作を理解することも苦手です。そのため人の気持ちを無視したような行動をとってしまうこともあります。



集中力


ADHD


地道な作業が苦手なADHDは、集中力が長続きすることがありません。何をするにしてもも集中することができず、すぐに飽きてきます。何か一つの事をやろうとしてもすぐに周りに意識がいき、気が散ってしまいます。

一つの物事を最初から最後までやろうとせずにすgに逃避に入ります。眠たくなったりやる気を失ったりします。また、イライラしながら作業をするためミスが多発したり、時間がかかります。


アスペルガー


集中力があり、テレビに夢中になってしまうと話しかけても全く聞こえないでいる事があります。一つの物事に集中している時は、時間を忘れてしまう程です。

自分の興味を持ったモノに対しては、常人では考えられない集中力で取り組むことができ、周囲の言葉も耳に入らない状態を何時間も続けてしまいます。


アスペルガーは集中力をコントロールすることができないと言っていいでしょう。何かに気をとられるとそのまま過剰に集中しますが、それが集中すべきこととは限らない場合もあります。

集中すべきことには気がいかずにどうでもいいことに集中していたりします。つまり無駄な時間を過ごしていることもあるのです。アスペルガーでは、モノトラックという特性があり複数の思考を並列することが難しく単一思考になりがちなので、何かに気が行くとそれだけになって過剰に集中します。

[ad#co-1]

仕事


ADHD


仕事中などは落ち着かず、そわそわしてしまいます。仕事の優先順位がつけることができず、目の前のタスクばかりに目がいって、仕事が中途半端に終わってしまいます。

誤字・脱字が多い、行うべきことを先延ばしにしてしまう、整理整頓が全然できない、思ったことがすぐ口に出てしまうなどでで職場での評価が下がってしまい、出世にも影響が出てきます。

指示を受けたことを行う、決められたルールは守るということは当然だという事を理解していても、それがなかなかできません。頭の中で考えていることと実際行っていることのギャップに悩んでしまいます。


アスペルガー


仕事に対するやる気はあり指示されたことについては、真面目にきちんと仕事をしますが、指示されていないことについては、何をしたらいいのか分からなかったり、曖昧な指示だとどうしたらいいか分からなくなります。

言われたことしかやらないのは、物事を全体としてとらえることが難しいからです。自分の仕事に集中するあまり、全体が見えないという特性を持っているため、隣で同僚が困っていても、指示されなければ手伝う事はありません。

その為、「自分のことしか考えていない人」と周囲に誤解されて印象が悪くなっています。本人としては、与えられた仕事に集中することが良いことだと思っており、自分勝手なために周囲に協力しないわけではないのです。

あとは、皆と一緒にする仕事が苦手で皆で一つのモノを作ったり、話し合って進める作業は苦手です。その為、単独で黙々とやれるような仕事が向いています。