顔つきが幼い



ADHDの顔つきは童顔です。

ADHDの大半の人が大人になっても幼い様な顔立ちをしています。


20代であれば、それほど差は感じませんが、
それが30代ともなれば、立派な大人の顔立ちになってくるので、
その差が歴然としてきます。

大きくなっても童顔で、実際の年齢より若く見られることが多いので、
そういう意味では老けてみられる心配はないので得をします。



・色白



色白で肌が綺麗な人が多いです。

肌が汚い特徴があるよりも全然ましですので、
そういう点では長所にもなりうる点です。


スポーツ選手の様に日に焼けてたくましい様な印象はありません。
色白なのでインテリ系にみられがちです。


・目が離れていて、ネコの様な型の顔である



目が離れているといえば、ダウン症の代表的な特徴です。

目と目の間に距離があると不自然な顔立ちになってしまうので、
障害があるのではないかと疑われてしまいます。


同じ目が離れているでもダウン症は猫の様な顔立ちではありませんので、
その辺で見分けをつける事になるでしょう。


・顔の筋肉が強張っている



ADHDは、身体がカチカチに固まっている人も多いです。


自覚していない人も多く、整体に行って「硬い!」と驚かれたり、
歯医者さんに「スポーツ選手並みに奥歯がボロボロ」と言われる人もいます。



・エラが張っている



ADHDはエラが張っている人が多いので、見た目的なコンプレックスを抱える事になります。

誰しもがシャープなエラを理想とするでしょう。



・平行二重の目である



目元から目の端まで、上まぶたとその上のひだとの間の幅が同じである状態です。

一般的に平行型二重のほうが目が大きくみえます。


平行型二重は、自然で似合う人と不自然で似合わない人がいるので、
全ての人が平行型二重が良いとは限りません。

[ad#co-1]

・彫の深い顔立ちである



幼少時は非常に可愛いとされるが、加齢と共に顔のバランスが崩れて
不自然な感じが目立つようになる場合があります。


・目に力が無い



目は大きいが目に光が無いというか黒目でギョロっとしとる感じです。

一人の人をじっと見つめて怖がられたりすることもあります。
目がイッてると、周囲にとらわれやすくです。


・表情が乏しい



ADHDの人は無表情の人が多いです。

しかし、勘違いしないでほしいのは感情はあるということです。
表面は何も心がないと思わがちですが・・・・


コロコロと表情が変わることなく、無表情を貫きとおします。
表情を作る事への意味すら感じていません。

ADHDは、不注意や衝動的な行動からコミュニケーションを
苦手とする場合があり、表情や姿勢、アイコンタクト、
ボディトークなどもにも問題が生じます。


コミュニケーションのために表情を作ることが困難なため、
表情が乏しい・固いと思われてしまいます。


無愛想な人と思われてしまうので、人受けがよくありません。


・四角っぽい顔



四角い顔はコンプレックスを抱える事になります。

エラというか、骨格そのものが四角いです。


これは髪型でカバーすることが可能です。

あご周りに髪を残して目立たないようにしたり、
女性であればボブなんかだと隠れます。



女性の場合は、ショートカットは似合わないのでやめた方が良いでしょう。



・歯並びが悪い



歯並びが悪いとかみ合わせの時に脳に負担がかかりやすく、
セロトニンなどを減少させてしまい、行動の乱れが生じます。

その為、歯並び悪い人がADHDには多いのではないかと言われております。
それは矯正によってADHDは治るかもしれないとも言われております。


・頭が大きい



ADHDは出生時に通常よりも頭が大きいです。

大人になるにつれて、わかりにくくなりますが、
大人になっても、よく観察すると頭が大きいです。

みんなが被れる帽子のサイズが小さいと感じたりすることが出てきます。