栗原類さん



モデルの栗原類さんは、NHKの番組内で「僕は発達障害のひとつADD(注意欠陥障害)です」
とカミングアウトしました。

アメリカに住んでいた8歳の時にADDと診断されて、
言語的なことだけではなく、行動的な場面でもおかしいと思った
担任教師が栗原の両親に受診を提案しました。

検査したところ「ADD」と診断されました
アメリカに住んでいた8歳の時にADDと診断されています。  


★変化への対応が苦手

「人に合わせられなかったり、決め事やこだわりが強い」

「冷蔵庫の中で、いつもお茶が置いてある場所に違うものがあると気持ち悪くなって置き直してしまう」



スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-3444859579937431"
data-ad-slot="2203519305">





★聴覚の過敏性

「アメリカにいた頃は、普通に音楽の授業も受けることができたが、
 日本では、正しい音程や発生で歌うことよりも、元気に歌うということが
 良しとされてるようだったので、子供たちが怒鳴るように歌うことに我慢ができなくて、
 耳をふさいだり、教室から逃げ出したりということがあり、先生に叱られていた」

「テレビの大きい音や、人の大きい声は苦手。でも、『音を小さくしても良いですか』
 とか『大きい声が苦手なので、もう少し小さい声で話してもらえますか』と言えるよになった。

ADHDは精神年齢が低い?子供は実際の年齢の2/3?

ADHDが遺伝する確率は?父親母親兄弟など!

ADHDが勉強集中するにはノイズキャンセリングが良い?


深瀬慧さん



SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)という音楽グループのボーカルを務める、深瀬慧さんは発達障害である事を告白しています。


深瀬さんは中学校を殆ど不登校で過ごし、高校を一年で中退した後日本のアメリカンスクールへ一年通い、アメリカ留学へ行くものの二週間でパニック障害となり、帰国して入院しました。退院後も薬を服用しつつ進学を目指すも、副作用で断念し、その後音楽活動を始めたのです。

入院した理由はパニック障害(精神病)など精神不安定のためで、このタイミングで発達障害の診断を受けたそうです。小学校・中学校・高校で、周囲の同級生とは円滑にコミュニケーションが取れませんでした。


授業に集中できないというのも、ADHDの不注意という特徴からきていて、1つの事に集中ができなかったのです。


音楽活動にADHDは影響せず、むしろADHDの特性を活かせていると思います。

・歌の技術、声→に関係はありません。
・発想、感性→ADHDは発想力が優れているのでプラスになります。
・音楽活動に対する集中→過集中が発揮されて物凄く向き合えます。
・歌詞などを覚える→興味+根気を消費すれば可能です。



武田双雲さん



書道家の武田双雲さんは、自身のブログでADHD(注意欠陥・多動性障害)
の可能性があることを告白しています。

確定的なものではありませんが、自身が精神の病気なのではないかとのことです。
どのくらいの重症度かも不明で、その中で子供の頃から以下の様な症状があったそうです。


・学生の時椅子を作る授業ど僕だけ完成せず、まったく椅子を作れない。
・裁縫がまったくできない
・何度頑張っても三角おにぎりも、箸もちゃんと握れない、
・黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊していく。


・授業が次の科目に移ってることがわからなくなる
・まわりが就職活動してることの意味がわからなかった。
・三回ともバイトはすべて首。


「不器用さ」は、本人にも保護者にも、また専門家にすら脳の機能障害と理解されにくく、
個人的な困りごととして周囲からの支援は受けにくいことがあります。

その結果、保護者や教師から間違った対応がなされて、
事態が悪化するケースがあります。

不器用な症状の代表として、

・縄跳びが飛べない
・縦笛が吹けない
・字をマス目に収められない
・靴ひもを結べない
・折り紙を折れない


スポンサードリンク




これを教師も保護者も「練習が足りない」「怠けている」
「何度も繰り返せば、必ずできるようになる」などと処理してしまいます。

本来はていねいな説明と適切なサポートや合理的配慮を行うべきなのに、
挫折感や屈辱感を与えるような訓練が繰り返され、
結果として本人の自尊感情が大きく損なわれるという問題が発生します。

ADHDの彼氏や彼女の特徴!

ADHDの人と職場での接し方対応方法!

ADHDが障害者手帳を持つメリットとデメリットと申請方法!


勝間和代さん



経済評論家であり、公認会計士としても活躍されている勝間和代さんは、
公認会計士の日本最年少記録をもっている優秀な有名人ですが、
自分の著書内で、自分の症状が典型的なADHDであることを告白しています。

勝間さんは、物をなくしてしまうのは、日常茶飯事というほどで、
気に入ったものは複数買っているそうです。

他にも、待ち合わせなどを忘れる、じっとしていることが苦手、
電車の中でも自由に動ける席を買ったり、麻雀中に椅子を揺らしたりしながら
対局したりなどもあるようです。

対談中、相手に口を挟ませないほどの早口でしゃべるなど、
独特の語り口でも知られていますよね。

これも、ひたすらお喋りして止まらないという典型的なADHDの症状です。



勝間さんのADHDの症状

・忘れ物をよくする
・約束は何度もリマインドされないと忘れる
・食べこぼして服を汚すことがよくある
・いろんなものにつまずきやすい
・新幹線など大事なチケットをなくす
・細かい計算や伝票をめくるなどが苦手
・決算書など重要書類でもなくす



ADHDは、この様に日常生活でも仕事でも、うっかりとしたミスが目立ちます。

多動性障害の特徴4歳5歳6歳7歳!

多動性障害の特徴1歳2歳3歳の赤ちゃん!

ADHDに向いている仕事は?


ミッツ・マングローブさん



ミッツ・マングローブさんは学習障害であることを告白しています。セリフが覚えられない、暗記ができないそうです。暗記するときは、絵と音で覚えているそうです。教科書を覚えるときは、人物の顔に落書きをしたり、どこかに線を引っ張ったりして自分用の景色を作っているそうです。

今も同じやり方で歌詞や台本を覚える。自分用の絵を頭の中に複写して、本番はそれを読んでいるみたいです。セリフを言うタイミングも絵で覚えているそうで共演者がココに立ったときにコレを言うというように記憶しているそうです。

だから、少し立ち位置が変わったりすると、前後不覚になっちゃうみたいです。セリフ自体、なんて書いてあったかを頭の中で見て思い出すので、口に出すスピードが1~2秒くらい遅れてしまうらしく苦労しているみたいです。

最終的には何もかもを犬のしつけみたいに繰り返すことで、クセをつけて身体に覚えこませて乗り切っっているそうです。


黒柳徹子さん



黒柳徹子さんは、発達障害の一部であるAD/HD(注意欠陥・多動性障害)だったと告白しています。

公表当時は、ADHDと知って驚いた有名人ランキングでは1位になるくらい衝撃が走りました。

『徹子の部屋』で見せる“人の話を聞かない”、“空気を読まずに話し続ける”といった、
ともすればマイナスになりがちな部分も“無邪気な個性”として世間から愛される、類まれな司会者ですね。



黒柳さんの著書「窓ぎわのトットちゃん」では、主人公のトットちゃんは
最初公立小学校に通っていたのですが、

・授業中に、机のフタを、百ペんくらい、開けたり閉めたりする。
・授業中におしゃべりはする
・窓から見える通行人をみると騒ぐ
・窓際に立って、ちんどん屋さんを呼ぶ
・教室の屋根に巣を作った燕に話しかける


スポンサードリンク




でとうとう担任の手がつけられなくなって、
学校の問題児となりトットちゃんのママが担任教師から学校に呼び出されます。

「おたくのお嬢さんがいると、クラス中の迷惑になります。よその学校にお連れください!」、
「本当にこまってるんです!」 

と退学を命じられてしまいました。
そして、校長の紹介でトモエ学園に転校しました。

トモエ学園というのはそのこの個性を伸ばす凄くいい学校で、
現在の自分があるのはこの小学校のおかげだと言っておられました。

ADHD男性の特徴!

ADHD赤ちゃん特徴!0歳1歳2歳3歳の症状は?

ADHD子供の特徴!小学生6歳7歳8歳9歳10歳11歳12歳


トムクルーズ



ハリウッドの大スター、トム・クルーズもまた発達障害を告白しています。


字が読めない、または読みにくい失読症、難読症(ディスレクシア)であることを公表しています。

失読症の主な特徴として

・文字を読む速度が非常に遅い
・文字を正確に読むことが困難
・文字の読み違いが多い
・文字の順番を入れ替える
・読書の際に単語や行を飛ばしてしまう


このようにディスレクシアと言われる人は、文字が躍る・動く・かすれるなどと表現し、
どこにどの文字があるかがわからないため、長い文章を正確に読むことが非常に困難なのです。

また字を読むだけでなく、文字が揺らいだりで見えてしまったりする人もいるため、
このように鏡文字になってしまったり、字を作ってしまったり、
見たばかりの文字を書き写すことができないなどの症状がある人もいます。


トムクルーズは子ども時代は勉強ができず、その美少年ぶりが買われ俳優デビューしてからも、
台本が読めないためセリフを録音したテープを繰り返し聴いてセリフを覚えていました。

しかし、一度台詞を覚えて役になりきると、その才能を開花させ、
また甘いルックスにも恵まれ、トップスターの地位を確立したのです。

台本が読めなくても諦めずに努力すれば誰でも可能性があることを教えてくれました。

そして、スターになってからも努力を重ね、学習障害克服プログラムを実践し、
ついに失読症を克服したそうです。

現在では、俳優としてだけでなく、プロデュース業にも力を注ぎ、映画業界全体に携わっていることは
周知のとおりです。

ADHDの女性が結婚がするには?

ADHD女性の特徴!自分中心で人付き合いが苦手?

ADHDの顔の特徴!

ウィル・スミス


ウィル・スミスはADHDを告白しています。子供の頃は授業に全く集中することができず、クラスでは浮いた存在でありました。授業中は落ち着きがなく周囲からは問題児扱いでした。

ウィル・スミスがハイウッドスターになれたのは、彼のある特性が活かされたからでしょう。じっとしているのが苦手で、常に違ったことに挑戦し続けたいという多動性からくる特性がハリウッドスターへと導いたのです。

また、本を読むのが苦手です。台本は誰かに朗読してもらって覚え、読みたい本は誰かに朗読してもらったのを録音して聞くそうです。このように、ウィル・スミスは苦手なことも周囲の理解と協力を得ることで、見事克服しているのです。

ですからウィル・スミスにはADHDに加えて難読症や失読症、ディスレクシアの症状もあるでしょう。

スティーブ・ジョブズ


ジョブズさんは幼少時代にADHDの症状がありました。

・とにかくじっとしていられない
・電気遊びで感電、授業をさぼって花火で遊ぶ
・親や先生なども困らせた問題児だった
・授業中は落ち着きがなかった
・衝動的な行動
・その場に似つかわしくない発言
・野菜しか食べない偏食

自分の感情を抑えることができず、相手の傷つくことを平気で言ってしまう部分は大人になってからもあったようです。社長となってからも自分で決めたことはとことん突き進み、人の意見よりも自分の考えを大事とこだわりがあったようです。


スポンサードリンク




ブリトニー・スピアーズ


ブリトニーは、10代の頃にADHDと診断されました。10代の頃には治療薬を飲むことで対処できていました。ADHDの治療法は、海外でも日本とあまり変わらず、治療薬として有名なコンサータなどを服用することによって症状を抑えていたと言われています。

現在ブリトニーは、別のメンタルヘルスの問題を抱えており、その治療の妨げとなるため、ADHDの治療は受けることができません。ADHDの薬を服用するよりもメンタル面でのコントロールが必要になったのです。

ADHDの薬と精神科系の薬の併用が難しいこともあるようで、ブリトニースピアーズの場合は、エクササイズ等行動療法によって症状をコントロールしていたと言われています。た食事のメニューやカフェインの量にも非常に気を配っています。

現在は行動療法以外にも食事に気を使い、特にカフェインの摂取量などは慎重になっているようで、まだまだ症状は安定していないようですが、コントロールできるよう治療には励んでいると言われています。


スティーヴン・スピルバーグ


スティーヴン・スピルバーグは、学習障害の一つであるディスレクシア(難読症、読字障害)と診断されていることを告白しています。自身が子どもだった1950年代は現在ほど学習障害についての理解が広まっておらず、そのためにさまざまな苦労をしたそうです。

読字障害のため、学校を同級生に比べて2年遅れで卒業しています。そんな苦労を背負ってきましたが、映画制作が転機となりました。映画を作ることで、スティーヴン・スピルバーグは恥ずかしさや罪悪感から解放されました。映画制作は、スティーヴン・スピルバーグにとっての『大脱走』だったのです。

現在でも本や脚本を読む際は普通の人に比べ、2倍の時間がかかるそうです。

ウォルト・ディズニー


ウォルト・ディズニーは読字障害だったといわれています。

読字障害は学習障害(LD = Learning Disorder)の1つです。全般的な知能発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、さまざまな障害です。

読字障害は言葉を認識する能力に障害があるため、読字障害の症状には「読むのが遅い、読む精度の低下、言葉の理解が劣る」などの症状がみられます。

読字障害の症状は幼児期から見られることが多く、読字障害の他にも算数障害、書字表出障害、コミュニケーション障害、注意欠陥、多動性障害なども伴うがあります。

アインシュタイン


アインシュタインは、典型的なADHD症状を持ち合わせていました。他にも学習障害があり、5歳までろくに話すこともできず、また晩年まで読み書きと数字を覚えることは苦手であったそです。

・部屋の片づけができない
・無頓着で雑巾で顔を拭く
・洗濯用洗剤で顔を洗う
・人付き合いが苦手だった
・13歳で高等数学をマスターしていた
・現代語などが苦手で、一回目の大学受験(チューリッヒ連邦工科大学)で落ちた


典型的なADHD症状が垣間見えます。


物凄く有名な理論物理学者であるのに、簡単な数字や記号を覚えるのが苦手だったということは、裏で陰ながらものすごい努力をしていたことが伺えます。


モーツァルト



モーツァルトは成人してからも落ちつきがなく、神経質で、いつも手を動かしたり、せっかちに動き回ったり、咳き込むように話していたらしいです。気分は不安定で、陽気にしていたかと思うと、突然落ち込んだり、怒りにかられて悪態をついたり、急に女性的な優しさを見せたりしたといいます。

いつもはぼんやりしていても、ひとたび音楽に向き合うと、モーツァルトの顔には燃えるような天才のまばゆい輝きが宿りました。

身の回りのことはまったく不得手で、整理整頓は妻のコンスタンツェにまかせきり、その妻も浪費家であったため、金銭感覚ができず、高額消費などをくり返したあげく、賭けビリヤードなどの賭け事にも走ったため、晩年は借金と貧困に苦しみました。

彼の小児期からの多動、衝動性、情緒不安定、特定の物へのこだわり、大人になっても子どものような屈託のない天真爛漫な気性は、まさにADHDそのものといえるでしょう。

織田信長


織田信長の幼少時代は、父・信秀によって厳しい英才教育のため寺に放り込まれて修行させられました。ところが寺の教えに簡単に従うような従順な子供ではありませんでした。

自分の衝動をコントロールすることができない問題児だっという記録が残っています。そんな症状がADHDの子供を彷彿させることから、ADHDではないかと囁かれています。

大人になってからも独特な感性やひらめきを発揮して、異常なほどの行動力に長けていたことは間違いのないようであります。ADHDはある特定の分野において異常なほどの能力を発揮する面がありますので、ADHDの可能性はあります。

ひらめきは才能であり誰もが持てる能力ではありません。この特性は自由な発想が活かされるので現代では芸術関係や研究関係の仕事で成功が目立ちます。

行動力は、目標に向かう力です。多動といえば悪いイメージになりますが、ADHDは子供のときからエネルギッシュです。そのエネルギッシュさが目標達成に結びつくのです。

独自性は、表現力が優れているからオリジナリティが高いのです。そのこと個性的と言われることが多いですが、ADHDの人にとってはそれが自然な姿なのです。

ADHDの目立った特性である、「ひらめき力」「行動力」「独自性」の特性を生かす事ができたからこそ天下統一ができたのではないでしょうか。


スポンサードリンク




坂本龍馬


ADHDとは発達障害の一種で、集中できない、じっとしていられないなど感情のコントロールができにくいケースがある反面、類まれな行動力や創造性を発揮するという特徴があります。これらが、坂本龍馬の逸話と一致する点が多い事からADHDだったのではないかとの説があります。


坂本竜馬の幼少時代は、ADHDの兆候が垣間見えます。


・10歳過ぎてもお漏らしをしていた
・食べ物の食べ方も雑で、いつもボロボロこぼしながら食べていた
・学校の勉強も全くできなかった
・集中力に欠け、言葉を覚えるのが遅かった
・簡単な文字を何回も間違えていた
・算数が出来ず苦手だった
・級友達からバカにされていた